どんどん借金が増える?

Pocket

一度消費者金融を利用すると、利息の支払いがどんどんふくれあがって返済が困難になるのではないかと心配される方もいます。これも消費者金融の持たれがちな誤解のひとつです。もちろん、返済しなければ利息がつくのは当然ですが、それが支払いきれないほどの大金になることはありえません。その理由は2つあります。

総量規制1つ目は、総量規制の存在です。2010年からスタートした新しいルールで、これによって、消費者金融は、利用者の年収の1/3以上を貸し付けることを禁止されています。つまり、年収が300万円の人は、最高でも100万円までしかキャッシングで借りることはできません。ここでいう年収は、給与や年金、個人事業による所得、所有しているマンションやアパートの賃貸収入などをさします。無茶な借金はできないため、必然的に返済に無理が出ることはないでしょう。

2つ目は、金利の設定です。よく「トイチ」と言われますが、10日で1割という法外な金利設定は違法であり、貸し付けを行った業者は処罰されます。利息制限法によって、貸付時の上限金利が定められているためです。2010年の改正以降は、金額に応じて15~20%の年率が上限になっています。したがって、たとえば20万円の借り入れをした場合、ひと月あたりの利息は最大でも3,000円程度です。最悪でも、利息の3,000円を毎月返済していれば、借金が増えることはありません。制度上、支払いが困難になる可能性はほとんどありませんので、はじめての方でも安心して利用できるでしょう。

参考-http://noloan.com/
年率を4.9%~18.0%に設定している消費者金融のノーローンです。

 

Pocket