キャッシング初心者注目!消費者金融にありがちな誤解

消費者金融にありがちな誤解を解く

この画面は、簡易表示です

怖い取り立てがある?

消費者金融は「取り立てが怖い」というイメージを持たれがちですが、これは誤解です。確かに、かつては自宅や勤務先まで業者の取立人が押し掛け、脅迫じみた取り立てが行われていたこともありました。しかし、現在のキャッシングで無理な取り立てをされることは一切ありません。取り立ての方法は、1983年に制定された「貸金業法」によって厳しく制限されているためです。

しかし、無理に取り立てられることがないからといって、借りたお金を返済しなくてもよいということではありません。各社で方法は異なりますが、延滞すればなんらかの形で督促の連絡が入ります。貸金業法でも、1日に3度までは電話による督促が認められています。延滞の連絡は本人携帯への電話が主です。

返済本人に電話をしても連絡がとれない場合や、未納が続く場合は自宅宛てに電話や書類の送付を行い、消費者金融によっては勤務先に連絡が行くこともあります。しかし、うっかり返済を忘れてしまった場合でも、自分の携帯に連絡が入った時点で対応できれば、自宅や勤務先に連絡が行くことはありません。また、電話口で怒鳴られたり厳しく責められたりすることもないので安心してください。督促の連絡が入ったら速やかに返済するようにしましょう。

現代のキャッシングでは恐ろしい取り立ての心配をする必要はありません。延滞のないよう計画的に利用することは大切ですが、通常の利用で取り立てが問題になることは考えられませんので、初めてで不安があるという方も安心して利用してください。




top